たぶんアレはペギラ星(自分探しの妄想旅行)

 アニメやらマンガやらの感想をたらたらと書き連ねるブログです、細く長くがモットー
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

姑獲鳥の夏 感想  #2

ふう。第2弾!いえい。という事で…今回は予告どおりキャストについての
感想をダラダラと書きたいと思いまする。

全体の感想をまず。
原作は原作、映画は映画。という風に感想を書いていこうと思っていますが…
それは結構難しかったりしますので、上記のことも頭に置きつつ
多少原作のキャラクターと比べながら感想をば。

●京極堂・堤真一
始めに断っておきます。くうこは堤という役者さんが大好きであります
なので多少(とても?)目が曇ってる可能性も…あしからず。


堤の京極堂、なかなか良かったです。
物語中、晴明神社でふてぶてしく横になってその背中で喋るシーン。
うわ!これが堤の京極堂だ!」と思いました。


・演説のシーンでは、なかなか早口でしたけれども…あんな長台詞ゆっくりなんて
演じられるもんじゃないでしょうから大目に見てやります。笑

・姑獲鳥について喋る京極堂…もっと嬉々としていても良かったな。
この作中、京極堂は自分の意思をあまり見せなかったのが残念でした。
(原作でも京極堂の心理はなかなか表層には現れませんがね)
もっと人間らしくても面白かったかもしれません。

・「この世には不思議なことなど何もないのだよ。」
この台詞…いいですね。堤の声のトーンがよろしい!!!!
重みがあるというか。言い慣れている感があって。鳥肌モンでした。


この京極堂=堤というのは正解だったと思います。
堤は実は(知っている方も居るでしょうが)とてもユーモラスのある人なのです。
また原作の京極堂を考えると彼も初見の人にとってはとても気難しそうに見えますが
実はユーモラスがある人なのです。

そういう共通点もありますし。
なので残念だったのは矢張り堤の京極堂があまり人間らしい所を見せなかった所です。
映画中善寺秋彦は完璧すぎだったかな…と思いました。


●関くん・永瀬正敏
キャストが決まった時一番心配したのは関口でした…
くうこ内の原作イメージと一番遠い人物だったからです。

見てみると、まあ有りかな。と。
でもですね…もうちょっと彼が精神的に弱い奴なんだっていう描写が欲しかったです。
「僕は狂ってない…」とブツブツ云う関クン…何故「狂い」という言葉に拒否反応を
起こすのか、そこらが説明不足だったかと思いました。

なんだか強い関クン…まあそれも面白いかな。
そして欲を言うともう少し京極堂とじゃれ合って欲しかった(笑


●榎さん・阿部寛

まず…目デカー!!!阿部寛の目こぼれそうだよ!笑
映画榎さんはあまり変人では無かった…残念。
でもどうだろう…あの雰囲気で榎木津が奇人変人だったら…
この作品で原作の榎さんを持ってきたら微妙な事になっていたでしょうね。

それにしても随分と榎さんの設定については削られ削られ…悲しかった。
でもさすが阿部寛

「原作にあって、映画ではない榎木津らしいエピソードをさり気なくなしました」

との事。例えば、服などに気を使ったとか。
なかなか嬉しい事言ってくれるじゃないか!!!

あ、でも削られて逆に嬉しかった所があります…。
はだけた赤襦袢の榎木津
よかったーよかったー。阿部寛がやってくれちゃったらどうしようかと…笑


●木場シュウ・宮迫ひろゆき
良かったー木場ちゃん。なんだかこの作品で一番まともな人だったのかな。
いや旦那は良かったんですけれどもね。
青木…イヤぁ。あんな…あんな…笑


●梗子/涼子・原田知世
よかったですね。文句なしです(なんでそんな簡潔??
難しい役でしたが、よくやりました。清楚な感じもよろしかったです。


●敦っちゃん・田中麗奈
原作よりバカっぽいアッちゃんにちょっと凹んでしまいました。
でもよく考えると良かったのかもしれないです。

男性で普通の人(観客目線)→木場シュウ
女性で普通の人(観客目線)→アッちゃん

とかいう効果があったのかしら。


●その他
キャストで一番良かったのは…京極夏彦の水木しげる役じゃないですかね!?
に…似ていた!笑

始め坂を下っていく傷痍軍人…京極夏彦なの???
中盤京極堂と話している傷痍軍人…京極夏彦だぁぁぁ!!!

という感じで、ニヤニヤしてましたね(怖

あと和寅!めっちゃいいわージャンプ亭ジャンプ(笑
っぽい!!和寅っぽいよー…もっと喋って欲しかったです。

ザクロ…(キャストっていうか?)可愛い…!
内藤…こんな先生いたなー。
雪江さん…好きです。でももっと儚げだけど芯が強い!っていう人がよかったかも。
千鶴子さん…この人、名前忘れてしまいました。けど美人でいいですね。京美人w



●まとめ
映画姑獲鳥ならではの世界をうまく形成させるキャストだと思いました。
バランスがとれているかなと。
結果的に良かったと思います!!!


では次回最後になると思います。ストリー(脚本)についてです。
お暇があれば覗いてみてください。明日の夜アップ予定。
スポンサーサイト
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://bzdoa.blog9.fc2.com/tb.php/75-4ffcde75
「ドラゴン桜」(TBS)の初回視聴率は17.5%。 主役を演じているアベちゃんこと阿部寛(41)はかなりのハマリ役じゃないだろうか。 (以下引用) 「モデル出身では珍しい演技派です。NHK大河ドラマ『義経』でも光っているし、代表作となったテレ朝のドラマ『ト.
2005.07.22 06:07
 
 
about

くうこ

  • Author:くうこ
  • アニメ好きで妖怪好きな社会人1年生が運営する明るく楽しいブログ。だらだらと書き続け、気付くと(多分)5年目突入!ちょっとした自分用オタクデータベースみたいになっています。
 
お品書き
 
TB有難うございました。
 
コメント有難うございました。
 
月別アーカイブ
 
ラビュ礼次郎

 
リンク
 
ブログ内検索
 
最近の記事
 
すき
<アニメ>
・怪 ~ayakashi~(化猫)
・モノノ怪
・セーラームーン
・ガン×ソード
・サムライチャンプルー
・ガンダム全般
・グレンラガン
・ゲゲゲの鬼太郎(4期)
・蟲師
・夏目友人帳
・桜蘭高校ホスト部
・明日のナージャ
・銀魂
・WOLF'S RAIN
・ハレのちグゥ
・銀河鉄道物語
・ジブリ全般
・ディズニー全般
・DARKER THAN BLACK

<本>
・京極夏彦
・小畑健
・畠中恵
・宮部みゆき
・菊地秀行
・九条キヨ
・今市子
・波津彬子


・蟲師
・夏目友人帳
・金魚屋古書店
・拝み屋横丁顛末記
・ギャラリーフェイク
・キャンディ・キャンディ
・はいからさんが通る
・ベルサイユのばら


<音楽> ・B'z ・西川貴教 ・ゴスペラーズ ・K-POPいろいろ ・Gackt ・トゥライ ・アニソン全般 ・ONE OK ROCK ・RIP SLYME ・ディズニー音楽 <ほか> ・サッカー(マリノス/中山雅史/阿部勇樹/メッシ/デコ) ・F-1(マッサ) ・フィギュア(小塚崇彦/ランビ) ・声優(石田彰/宮野真守) ・TDR(プーさん/チャンドゥ/ダヒ/主にショーパレ/ワンマンダンサー)
Top
Copyright © くうこ / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。