たぶんアレはペギラ星(自分探しの妄想旅行)

 アニメやらマンガやらの感想をたらたらと書き連ねるブログです、細く長くがモットー
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

姑獲鳥の夏 ネタバレありありの感想 #1

ぷっはー見てきましたよ、ひとりで(笑
近所の映画館で見てきました。お客さんの入りはまあまあと言った所
20分前に着いて良い感じの席とれるくらいでした。

感想を書き始めるとどうやら長くなりそうなので、何回か分けてUPする事にしました。
今回は1番感動したセットについての感想をば。
次にキャスト、スートリーについて…とアップする予定です。


では感想いきまーす。
まず…画や、画の撮り方が良かった
そしてなにより、セットが良かったです!映像は完璧でした。
(照明の扱いについては微妙でしたが;

久遠寺病院、京極堂内、猫目洞、榎木津ビルヂング、薔薇十字探偵社、眩暈坂
どれも雰囲気が出ていてよろし!

●久遠寺病院もっと四角い普通の病院をイメージしていたんですが、とても洋風で。
そこがまた建物に意思があるようで如何にも雰囲気が良かったです。
ダチュラの庭もなんだか素敵でした・・・っていうかダチュラって朝鮮朝顔のことだったのね!
ダチュラなら家にあります!!!!あれです、今丁度咲いてます…笑
譫妄を引き起こす合法ドラック(この言い方正しくないと思いますがね)だったとは・・・怖っ

●京極堂
看板が京極夏彦筆。原作の「下手だか達筆だかよくわからない」その通りじゃないか!
本屋の中、イメージとは大分違ったんですが良かったです。
まず吹き抜け。蔵を改築して古本屋にした模様ですね。

こんな古本屋行きたいぜ…どうやらモデルとなった本屋さんが神田にあるよう
なので一寸覗いてみようかと思います。でも…神田の古本屋街って格式高い感じしません?
女子高校生が入ると場違いみたいな雰囲気が漂うあたりが気にいらないんですよね。
暫くすると店主さんと仲良くなれるので問題ないんですが
矢張り、初入りの神田の古書店は緊張します…って映画の話と大分ずれました。
とにかく京極堂のモデルとなった古書店が神田の大屋書房という所
だそうなので勇気があるかたは足を踏み入れてみては?

●晴明神社
京極堂が寝転んでいる姿は如何にも想像のとおりで笑ってしまいました。
すごくきれいな社内に不遜な態度で寝転がる京極堂…うーん、ここは
原作がそのまま飛び出したという感じでした。

●眩暈坂

この作品中のどのセットより好きです。この坂。
(少し短いなぁ感は拭い去れないものの9
短いけれど、その先に行き着く場所はないような錯覚に陥ってしまう不思議な雰囲気。
油土塀の歪さ、坂の勾配のでたらめさ…まさに関くんの心を具現化したような坂
この作中で

●薔薇十字探偵社
探偵社のガラスドアを見てドキドキしてしまったのはくうこだけでしょうか!?
中がこげ茶の家具で統一されていて他の所よりも少し近代的で、少し高級感があって。
そんなところなのに妙に和寅がマッチしちゃってるあたり薔薇十時探偵社っぽい。笑

あぁ…ここにミッチーが居てくれたら…(笑

●猫目洞
いやいや、いいじゃないですかー(セットに関しては良いじゃん!しか書いてませんね。
怪しい雰囲気が…イメージではもっと小さくて暗くて…といった感じでしたが
こういう雰囲気もいいですね。ハイボールとか…ラーメン博物館みたい!笑


●全体で
本当に良かった!(何回目だよ
京極堂みたいな戦前のままという趣の場所もあれば榎木津ビルヂングのような
近代的な所があったり、猫目洞のようにアメリカ色の強い店があったり
沢山のものが混ざり合っている戦後…妖怪だって普通にあの
ごちゃごちゃした時代には混ざっていたかもしれない。
そんな事を彷彿とさせる雰囲気がとても好きだ…と思いました。

監督はこれをつくるにあたってできるだけセットで撮影したいという思いが
あったそうで、その効果で全体に統一された戦後のイメージになっていたと思います。

本当に映像は満足でした!






スポンサーサイト
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://bzdoa.blog9.fc2.com/tb.php/74-9d4eb426
公開初日のナイトショウで観てきました。0;30からだっていうのに、8割がた入ってました。(150席くらいのちっちゃいスクリーンだったけど)客は、ほとんど男・男・男・・・って、どういう事??2005年製作のミステリー、123分もの。あらすじ昭和27年の東京。産婦人
2005.07.18 03:15
 
 
about

くうこ

  • Author:くうこ
  • アニメ好きで妖怪好きな社会人1年生が運営する明るく楽しいブログ。だらだらと書き続け、気付くと(多分)5年目突入!ちょっとした自分用オタクデータベースみたいになっています。
 
お品書き
 
TB有難うございました。
 
コメント有難うございました。
 
月別アーカイブ
 
ラビュ礼次郎

 
リンク
 
ブログ内検索
 
最近の記事
 
すき
<アニメ>
・怪 ~ayakashi~(化猫)
・モノノ怪
・セーラームーン
・ガン×ソード
・サムライチャンプルー
・ガンダム全般
・グレンラガン
・ゲゲゲの鬼太郎(4期)
・蟲師
・夏目友人帳
・桜蘭高校ホスト部
・明日のナージャ
・銀魂
・WOLF'S RAIN
・ハレのちグゥ
・銀河鉄道物語
・ジブリ全般
・ディズニー全般
・DARKER THAN BLACK

<本>
・京極夏彦
・小畑健
・畠中恵
・宮部みゆき
・菊地秀行
・九条キヨ
・今市子
・波津彬子


・蟲師
・夏目友人帳
・金魚屋古書店
・拝み屋横丁顛末記
・ギャラリーフェイク
・キャンディ・キャンディ
・はいからさんが通る
・ベルサイユのばら


<音楽> ・B'z ・西川貴教 ・ゴスペラーズ ・K-POPいろいろ ・Gackt ・トゥライ ・アニソン全般 ・ONE OK ROCK ・RIP SLYME ・ディズニー音楽 <ほか> ・サッカー(マリノス/中山雅史/阿部勇樹/メッシ/デコ) ・F-1(マッサ) ・フィギュア(小塚崇彦/ランビ) ・声優(石田彰/宮野真守) ・TDR(プーさん/チャンドゥ/ダヒ/主にショーパレ/ワンマンダンサー)
Top
Copyright © くうこ / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。