たぶんアレはペギラ星(自分探しの妄想旅行)

 アニメやらマンガやらの感想をたらたらと書き連ねるブログです、細く長くがモットー
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ハリーポッターと炎のゴブレット その1

見てきましたヨー!!!きゃっほー(テンションキモ
では、ネタバレ勘弁って方はここから先は読まないでくださいね。
ちなみに炎のゴブレットだけでなく5巻/不死鳥の騎士団のネタ
引っ張ってきますのでソチラもお気をつけ下さいませ。













「最近お前ハリーポッター熱が冷めたな」
そうです、5巻のシリウスの件からDVDも本も開いてなかったのです。
でも、映画公開がだんだん近づいてくるにつれハリポ熱も再熱
一時期のショック状態から無事立ち直りました~!!!やたー。
彼は死んではおらんのだよ…!(ポジティーブ

という事でこの日を待ちに待っておりました!
ではストーリー感想行ってみヨ。
長くなりそうなので総評は感想その2で。
長いのなんか読みたくねえ、って方はコチラから総評に飛んで下さい


▼はじまりはロンの家
今回はダーズリー一家は出ませんでした~わーん。

それにしても皆大きくなっちゃって…なんだか感慨深いわー。
ジニーも成長して可愛くなりました。双子もデカい...
そういえば双子のイタズラ専門店のエピソードはカットでした、


▼クィディッチW杯
原作ではマグルが死喰い人に襲われるというものでしたが
映画では魔法使い達のキャンプが直接襲われるというモノでした。
こちらの方がこれからハリー達に起こる事の恐ろしさを暗示していて
効果的だなーと思いました。

ウィンキーの登場はナシ
「反吐」エピソードはカットでした、残念。


▼ボーバトン・ダームストラング・マッドアイ登場
フラーはもっとキレイな人が……とブツブツ言っている奴を
映画館で見た方、それは私です★まあ、それなりにキレイでしたし、
[祖母がヴィーラだ]というエピソードが盛り込まれていた
訳ではないので、そこそこ美人で十分だったのか…。

いやでも、5巻ではビルと交際しているわけだから
…もっとキレイじゃないと母さん交際許さないわよ!!

クラムは良いです。イメージ通りでした、
欲を言えばもっとトロくさそう田舎くさそうでも良かったです(笑

ムーディはもっと痩せてて格好いいお方をイメージしていたため
ちょっと(かなり?)落胆。シリウスやルーピンの時みたいな
切なさが・・・(あの時のショックもデカかった。笑


▼第1の課題「ドラゴン」・ロンとの喧嘩
ロンとの喧嘩は原作読んだ時同様ハラハラ…、胸が痛かったー。

そしてフェアプレーの精神の所。
ロンとの喧嘩、周りからの中傷でハリーの精神状態は
最悪だったにも関わらず、セドにドラゴンの事を教えるあたり
本当にこの子はイイ子だなぁ!!!!と感動、

今回クィディッチをプレーする姿が見られないハリーですが
ドラゴン対決で十分に箒に乗る勇士を見れて満足。


▼舞踏会
ここら辺のエピソード結構好きですねー。
ハリーのチョウへの恋心あたりなんかはムズ痒い…

ロンのドレスのくだりでは皆大爆笑、可愛いなーロンッ!!!!

ハーマイオニーはキレイだったー!!!惚れたワ
そこでクラムと舞踏会に出たロンは怒って喧嘩になるわけですけど
ここらでは「え??ハー×ロンなの?」と見えるシーンもありました、


▼第2の課題「水中で大切な人を探す」
この課題、原作中でも一番好きな所なんです。
マートルも出ないのかなー…なんて考えていたんですが
無事、登場しました(異様な存在感だったし…。
・・・ワタクシ、ハリー×マートルというCPを猛烈プッシュです★


▼ドビーの登場ナシ
これはダメージ。同様にビルもシリウス(←微妙に出たが…)も
登場はありませんでした。ウィンキーのエピソードが盛り込まれ
なかった所で「もしや…」とは思ったんですけどね…
鰓昆布は是非ドビーに渡させて欲しかった。

まあネビルが活躍だったのでいいか…


▼第3の課題[迷路]そして墓
迷路はイメージ以上に広かった。そして霧の感じが不安にさせる事
この上なかったです。

セドとハリー二人で握った優勝杯は移動キーに…
セドリックは「アバダ ケダブラ」で殺されてしまう。
本当、ここらは一瞬の出来事。

父の骨、下僕の一部、ハリーの血…
ヴォルデモートの復活
コワッ!ヴォルデモートの顔怖い!オークみたいだ…

ハリーを殺そうとするヴォルデモート…
ですが兄弟杖であるハリーとヴォルの杖は光で繋がる…
直前呪文で殺された人(言霊)が次々とヴォルの杖から出てくる…

美しく悲しい言霊は切なかった、
そしてハリーの両親がハリーに語りかけるあたりは鳥肌ものでした。
言霊の力を借り、繋がった光を切ったハリーはポートキーで
元いた場所に戻る・・・。

皆は迷路で、墓で何が起こったか知らないので無邪気に喜びますが
対照的にハリーはセドの亡骸に縋り付き悲しみにくれる。
本当にその姿悲しかったです、ハリーが可哀相でセドが可哀相で・・・

「戻ってきた!ヴォルデモートが戻ってきた!」


▼物語終わり
この混乱の中からハリーと連れ出したマッドアイは実は
マッドアイではなくクラウチ(息子)、死喰い人だった。

どうやって脱獄したかなどの経緯は語られませんでしたね。
まあ、いつもそうなんですがハリーポッターシリーズ終盤は
はしおります。もうちょっと説明があってもいいと思うんだけど…。

魔法大臣ファッジとの決裂も描かれなかった。
ハグリットの「来るもんは来る」名言も聞けなかったですし
ビルの「僕に任せて」も無かった。
さらにシリウスとスネイプの握手も見られなかったし・・・・

ここらのくだりは省いちゃいけないエピソードだと思ったんですが
とくにファッジとの決裂は描かなきゃいけなかったんじゃないのかな
と思いました。




と一通りストーリー順に感想をズラズラ書いてみました。
もう意味わからない文章になっている事は重々承知です!!!笑
本当すみません...

まとめ感想は次の記事で~w








↑絵板設置しましま(クリックで別窓)
お暇でしたら覗いて、さらに余裕がありましたら
お絵かきしていってください♪
…非公認CPでもOK(R指定モノはダメですが。笑

スポンサーサイト
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://bzdoa.blog9.fc2.com/tb.php/199-580f65b3
●『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』2005年11月26日公開。先行が19日土曜日公開どれだけ動員できるか楽しみシリーズ物でこれだけ早く続くのも久しぶりかな。ダニエル・ラドクリフも少しづつ大人感がましてきたみたい。ただ、今回のポスターや映画チラシ....
2005.11.20 05:50
第一作から年月を経て、 魔術学校を舞台にした、ほろ苦な青春物語へ ※マジックファ
2005.11.20 05:58
 
 
about

くうこ

  • Author:くうこ
  • アニメ好きで妖怪好きな社会人1年生が運営する明るく楽しいブログ。だらだらと書き続け、気付くと(多分)5年目突入!ちょっとした自分用オタクデータベースみたいになっています。
 
お品書き
 
TB有難うございました。
 
コメント有難うございました。
 
月別アーカイブ
 
ラビュ礼次郎

 
リンク
 
ブログ内検索
 
最近の記事
 
すき
<アニメ>
・怪 ~ayakashi~(化猫)
・モノノ怪
・セーラームーン
・ガン×ソード
・サムライチャンプルー
・ガンダム全般
・グレンラガン
・ゲゲゲの鬼太郎(4期)
・蟲師
・夏目友人帳
・桜蘭高校ホスト部
・明日のナージャ
・銀魂
・WOLF'S RAIN
・ハレのちグゥ
・銀河鉄道物語
・ジブリ全般
・ディズニー全般
・DARKER THAN BLACK

<本>
・京極夏彦
・小畑健
・畠中恵
・宮部みゆき
・菊地秀行
・九条キヨ
・今市子
・波津彬子


・蟲師
・夏目友人帳
・金魚屋古書店
・拝み屋横丁顛末記
・ギャラリーフェイク
・キャンディ・キャンディ
・はいからさんが通る
・ベルサイユのばら


<音楽> ・B'z ・西川貴教 ・ゴスペラーズ ・K-POPいろいろ ・Gackt ・トゥライ ・アニソン全般 ・ONE OK ROCK ・RIP SLYME ・ディズニー音楽 <ほか> ・サッカー(マリノス/中山雅史/阿部勇樹/メッシ/デコ) ・F-1(マッサ) ・フィギュア(小塚崇彦/ランビ) ・声優(石田彰/宮野真守) ・TDR(プーさん/チャンドゥ/ダヒ/主にショーパレ/ワンマンダンサー)
Top
Copyright © くうこ / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。