たぶんアレはペギラ星(自分探しの妄想旅行)

 アニメやらマンガやらの感想をたらたらと書き連ねるブログです、細く長くがモットー
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

SEED-Dを振り返る!

SEED-Dのレビュ(もとい文句)を書きたいがために
ブログを始めたと言っても過言じゃないのですけども
そんなSEEDも終わってしまいました…。

ではでは長くなるかもしれませんが総評という事で
SEED DESTINY全体を振り返ります。
適度にSEED-Dを引きずりながらSEED第三弾を待ちます(笑


●●第一弾はキャラクターについて。


デスティニーから登場したキャラクター…全て薄いキャラだったなあ。
SEEDファンの機嫌を窺いすぎてましたね。

シン
ラッキースケベな訳ですけども(懐
主人公とされていたにも関わらず初期から主人公らしい
行動を全くさせてもらえなかったという素晴らしきキャラ
CV担当である鈴村氏が製作サイドともめて主人公をおろされた
という噂が上がるほど不思議な主人公であった。

初期のくうこの感想を見直してみると、かなりシンには
腹を立てている様子。でも後半にはある種の悟りを開きシンの行動に
目くじらをたてる事はなくなりました。
後半には眼中にないキャラになっていました。
もちろん最終回もとくに活躍もなく。どーでもいいキャラのまま
終了。ほんと、どーでもいい。でも鈴村さんが可哀相だったなあ…。


キラ
SEED時代の悩んでいた姿が懐かしい…
SEED-Dでは「神的存在」になって見事に悟りを開いてる彼に
萌えを感じることができなくなりました(腐

世間では、こんなキラに対する批判が多かったですね。
でも、くうこは基本的にキラの言っている事には
賛成である時が多かったです。

キラの濃い存在、濃いファンのおかげでシンをすっかり
喰ってしまった訳ですが…笑
もっとデスティニーからの登場人物との絡みがあれば
デスティニーキャラが輝いたんだろうな…。


アスラン
くうこはアスラン好き子なので彼の行動に対しては
基本的に全て甘々な訳ですけども
#36「アスラン脱走」までのアスランのダメダメさには
イライラでしたね。それに周りに女が多すぎな点もイライラ…でした。

ですが前作に引き続き、悩む姿なんかは一番主人公らしくて
良かったです!!石田の悩み声はいいよね

アスカガの件について…
ここら辺は微妙でしたねぇ。まあ、アスカガ大プッシュ派だったので
AAが宇宙に行く際指輪がなかったりして切ない気持ちになったんですが
まあ、アスランもカガリも恋愛に心を砕いている場合じゃないって
いうことですかね。


レイ
好きキャラランク上位ですね、彼は。
序盤(好きw)→中盤(キライ)→後半(大好き、愛しい!)
といった好き嫌いがストーリー展開と共に大幅に変わっていった
キャラですけどね。

ん?あまりにもクルーゼすぎる???
そんな批判聞こえませーん★
まあ制作サイドも新キャラ考えるの面倒だったんすよ。笑

レイには幸せになってほしかった…
最終回、議長とタリアと擬似家族みたいな形で逝った訳ですが
幸せだったのかなあ…


▼議長
大好きなキャラでしたね、最初から最期まで一貫して(笑
言ってることは滅茶苦茶なんですが池田効果説得力を無理矢理
持たせる
という荒業を持っていました。
後半の腹黒い笑みが大好きでたまらなかったです、萌へ?


▼ラクス・ミーア
ラクス嬢への世間の目は前作と変わらず(笑
くうこ的にはとくに眼中に無いキャラなんで特に感想はありません。
ミーアは好きでしたけどね。


▼ハイネ
ミゲルより好きでした、西川がcvという事で矢張り短命でしたが…
「じゃあお前、何処となら戦いたい?」
なんてあたりすごくツボでした。素敵なキャラでした…


イザーク・ディアッカ
この2人前作から熱狂的なファンが多いためサービスで出していた感
がありありで複雑でした…。
くうこもその熱狂的なパッツンファンのひとりだった訳ですけど
その存在の必要の無さにガッカリでした。
もうちょっと必要のあるキャラにして貰いたかったです

でもいいや。画面に映るだけでいいや、うん(腐


ネオムウとマリュ子
前作でムウが逝ってしまってね、でも生きていると信じてましたヨ(笑

ネオである時も好きでした。
ステラ、オクレ兄さん、アウルに慕われ、記憶を消すことに
躊躇する姿が好意的でした。
ムウに戻ってもネオであった時の記憶はなくならないわけですから
ステラをシンとの約束を破り戦闘に行かせた事などムウは後悔
し続けるのかなあ、と思うと複雑ですがね。

マリュ子との再会
記憶が戻る…
終わらせて帰ろう、マリュー
涙が出ましたね。マリュ子には幸せになっていただきたい。
 

▼タリア
スキキャラだったんですが、最終回で一気に嫌いになったキャラです
息子のために生きて欲しかったなあ…。


▼ルナマリア・メイリン
アスランの毒牙に当てられた姉妹…。
ルナマリア、初期の人気は凄いものでしたが後半はもう
ブタマリアという有り難くない名前まで頂戴してましたね、
これも妹にアスランをとられたばっかりに…ご愁傷様です。
ルナマリアの人気の急降下と反比例していたのが妹でしたね。
メイリンラッキー★


▼ヨウラン・ヴィーノ
ヴィーノあたりはもっと前に出てくるキャラかと思っていたんですが
矢張り前作から引き続きのキャラに押され超脇役ポジションに。
ヨウランなんかも好きだったんですがねえ…切なや切なや。


▼トダカ
本当にこの時はシンに対して本気で怒りましたね
まあ、シンをMSに乗せたのも助けたトダカだとっても過言じゃない
のでソコが皮肉なところなんですが…。

SEED=D全編に渡って泣いたのはトダカが亡くなった時でした…。


▼ユウナ
彼は生きています…どこかで(笑

▼ジブリール
ユウナと同じく…彼は生きています…どこかでしぶとく(笑

▼アーサー×ダコスタ
新しいCPを開拓しました。

▼ノイマン
何気格好いいキャラでしたね!!!

▼ドム3人組
興味なしなキャラでした…笑
ドム自体あまり好きじゃないので。
ただ、ジェットストリームアッタク(でしたっけ?)には
爆笑した覚えがありますねえ。

▼キサカ
登場した時は結構驚きでした。
実はアスキラが駄目ならキサカガでもえぇやん?と思っている。



矢張り、デスティニーキャラクターは前作から居たキャラには
敵いませんでしたね…。まあいいです、それで。笑






●●最終回関係の過去記事

最終回感想「最後の力」


●●今後up予定のSEED記事

・最終回記念フリー絵
・総評#2 MSやら船やらの話  
・総評#3 ストーリー・作画の話
 
スポンサーサイト
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://bzdoa.blog9.fc2.com/tb.php/147-34aa65e9
機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T 特典 プレイヤーズリファレンスブック付きバンダイ 2005-11-17Amazonで詳しく見る by G-Tools おなじみVSシリーズ最新作!舞台は新天地、コズミック・イラへ! 2on2のチームバトル!従来の基本システム+SEED世界の設定を活かした「覚
2005.10.09 04:54
 
 
about

くうこ

  • Author:くうこ
  • アニメ好きで妖怪好きな社会人1年生が運営する明るく楽しいブログ。だらだらと書き続け、気付くと(多分)5年目突入!ちょっとした自分用オタクデータベースみたいになっています。
 
お品書き
 
TB有難うございました。
 
コメント有難うございました。
 
月別アーカイブ
 
ラビュ礼次郎

 
リンク
 
ブログ内検索
 
最近の記事
 
すき
<アニメ>
・怪 ~ayakashi~(化猫)
・モノノ怪
・セーラームーン
・ガン×ソード
・サムライチャンプルー
・ガンダム全般
・グレンラガン
・ゲゲゲの鬼太郎(4期)
・蟲師
・夏目友人帳
・桜蘭高校ホスト部
・明日のナージャ
・銀魂
・WOLF'S RAIN
・ハレのちグゥ
・銀河鉄道物語
・ジブリ全般
・ディズニー全般
・DARKER THAN BLACK

<本>
・京極夏彦
・小畑健
・畠中恵
・宮部みゆき
・菊地秀行
・九条キヨ
・今市子
・波津彬子


・蟲師
・夏目友人帳
・金魚屋古書店
・拝み屋横丁顛末記
・ギャラリーフェイク
・キャンディ・キャンディ
・はいからさんが通る
・ベルサイユのばら


<音楽> ・B'z ・西川貴教 ・ゴスペラーズ ・K-POPいろいろ ・Gackt ・トゥライ ・アニソン全般 ・ONE OK ROCK ・RIP SLYME ・ディズニー音楽 <ほか> ・サッカー(マリノス/中山雅史/阿部勇樹/メッシ/デコ) ・F-1(マッサ) ・フィギュア(小塚崇彦/ランビ) ・声優(石田彰/宮野真守) ・TDR(プーさん/チャンドゥ/ダヒ/主にショーパレ/ワンマンダンサー)
Top
Copyright © くうこ / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。